メニュー

ファンダメンタルとは?③サッカーにおける正しい姿勢とは? - エアロビクス,インストラクター,東京、養成

03-3792-4571 blogお問い合わせ

八千代スタジオ/プロアカデミー

03-3792-4571

ブログ お問い合わせ

title zinga

ジンガ・トレーニング(サッカービクス)サッカー上達のための究極トレーニング“サッカービクス”

この本は身体能力が優れていると言われているブラジルのサッカー選手に着目し、日本のサッカー選手との違いを探ることでサッカーがうまくなるためにはどんな身体能力が必要なのか・・・
そしてどんなトレーニングをしたらよいのかを今までにない方法で提案しています。
有酸素能力の向上と体を器用に操る巧みさを追求したトレーニングです。
”ジンガ・トレーニング“はすでに完売しているため、このコーナーで少しずつ内容をご紹介したいと思います。 すでにサッカービクスは海外のクラブチームやJリーガー、サッカークラブ、大学のサッカーチームなどがトレーニングに取り入れています。選手や指導者の皆様にサッカービクスの運動方法に興味を持っていただき、ぜひ実践していただきたいと思います。今までのトレーニングとは全く異なった方法ですが、サッカーの上達のためにはドリブルやフェイントを練習する前に基礎となる身体能力のトレーニングに着目することが重要だと考えます。

ファンダメンタルとは?③サッカーにおける正しい姿勢とは?

作成日:2017年08月22日(火)

ファンダメンタルとは?

サッカーやフットサルをプレーするとき、あなたの姿勢・呼吸・ランニングはどうなっていますか?これらの要素は運動をする上での基礎「ファンダメンタル」といえるものです。

体のしくみに適応した「ファンダメンタル」ができていない人は、体を巧みに使えないばかりか、エネルギーを浪費してしまいます。重要でありながら見逃されがちなこれらの要素を、あなたももう一度確認してみましょう。

③サッカーにおける正しい姿勢とは?

さまざまなモーションを軽やかに素早く運動できるブラジル人に比べ、日本人は

ひとつひとつの動きの合間にワンテンポ、間が空いてしまいがちです。これは両者の姿勢の違いによるものです。日本人はスポーツをするとき、どうしても力を入れて踏ん張り身構えてしまうクセがあります。日本人の構えとは、上体をやや前屈みにして、足を外股に開いた姿勢です。相撲の立ち会いのときの姿勢を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。この姿勢で素早く動く、とくに下半身をなめらかに動かすことは不可能です。

対してブラジル人の場合、背筋を伸ばして上体を立てたまま、下半身だけでボールをさばいたりトラップすることが得意です。これは彼らがサンバなどの軽快なリズムに乗って踊ることで、ステップを踏む感覚に慣れていることと無関係ではないはずです。日本人はまずこの前屈みになりがちなクセを矯正しなければなりません。しっかりと背筋を伸ばして上体を起こせば、下半身を今まで以上に素早く動かせる上、格段に広い視野を確保できるようにもなります。