メニュー

ファンダメンタルとは?④効率の良い呼吸をするためには - エアロビクス,インストラクター,東京、養成

03-3792-4571 blogお問い合わせ

八千代スタジオ/プロアカデミー

03-3792-4571

ブログ お問い合わせ

title zinga

ジンガ・トレーニング(サッカービクス)サッカー上達のための究極トレーニング“サッカービクス”

この本は身体能力が優れていると言われているブラジルのサッカー選手に着目し、日本のサッカー選手との違いを探ることでサッカーがうまくなるためにはどんな身体能力が必要なのか・・・
そしてどんなトレーニングをしたらよいのかを今までにない方法で提案しています。
有酸素能力の向上と体を器用に操る巧みさを追求したトレーニングです。
”ジンガ・トレーニング“はすでに完売しているため、このコーナーで少しずつ内容をご紹介したいと思います。 すでにサッカービクスは海外のクラブチームやJリーガー、サッカークラブ、大学のサッカーチームなどがトレーニングに取り入れています。選手や指導者の皆様にサッカービクスの運動方法に興味を持っていただき、ぜひ実践していただきたいと思います。今までのトレーニングとは全く異なった方法ですが、サッカーの上達のためにはドリブルやフェイントを練習する前に基礎となる身体能力のトレーニングに着目することが重要だと考えます。

ファンダメンタルとは?④効率の良い呼吸をするためには

作成日:2017年10月03日(火)

ファンダメンタルとは? 

サッカーやフットサルをプレーするとき、あなたの姿勢・呼吸・ランニングはどうなっていますか?これらの要素は運動をする上での基礎「ファンダメンタル」といえるものです。

体のしくみに適応した「ファンダメンタル」ができていない人は、体を巧みに使えないばかりか、エネルギーを浪費してしまいます。

重要でありながら見逃されがちなこれらの要素を、あなたももう一度確認してみましょう。

 

 ④効率良い呼吸をするためには?

人間は肺が収縮することで呼吸をしていると思われがちです。しかし肺自体には筋肉がないため、肺は胸郭(肋骨とその間の筋肉)と横隔膜の動きにともなって、膨らんだり縮んだりしているのです。たくさんの酸素を肺にとり込むときには、胸を張って胸郭を拡げ、横隔膜の位置を下げなくてはなりません。しかし人は疲れてくると、どうしても顔を下に向け、背中を丸めてしまいがちです。

運動を行って息が上がっているときは、体が新鮮な酸素をたくさん欲している状態です。しっかりと顔を上げ胸を張って、効率良く酸素を取り込むことを心がけましょう。

また運動をしている最中も、呼吸のリズムと体の動きのリズムを合わせることで、エネルギーの消耗を抑えることができます。