メニュー

「ステップワーク」② 下半身の可動ポイントは限られている - 女性専用フィットネススタジオと指導者を養成するプロアカデミーが併設

八千代スタジオ/プロアカデミー

一般社団法人バリアフリーフィットネス協会 ブログ YouTube動画はこちら

title zinga

ジンガ・トレーニング(サッカービクス®)サッカー上達のための究極トレーニング“サッカービクス”

この本は身体能力が優れていると言われているブラジルのサッカー選手に着目し、日本のサッカー選手との違いを探ることでサッカーがうまくなるためにはどんな身体能力が必要なのか・・・
そしてどんなトレーニングをしたらよいのかを今までにない方法で提案しています。
有酸素能力の向上と体を器用に操る巧みさを追求したトレーニングです。
”ジンガ・トレーニング“はすでに完売しているため、このコーナーで少しずつ内容をご紹介したいと思います。 すでにサッカービクスは海外のクラブチームやJリーガー、サッカークラブ、大学のサッカーチームなどがトレーニングに取り入れています。選手や指導者の皆様にサッカービクスの運動方法に興味を持っていただき、ぜひ実践していただきたいと思います。今までのトレーニングとは全く異なった方法ですが、サッカーの上達のためにはドリブルやフェイントを練習する前に基礎となる身体能力のトレーニングに着目することが重要だと考えます。

「ステップワーク」② 下半身の可動ポイントは限られている

作成日:2019年02月17日(日)

「ステップワーク」

ステップワーク プレーのほとんどが複雑なステップで構成されるサッカーやフットサルにおいて、多彩なステップワークを身につけることは優れたプレーヤーとなるための絶対条件です。そのためには骨盤、股関節、ひざ、足首といった下半身の可動部すべてを巧みに動かす能力が必要です。リズムに合わせたステップで下半身のしなやかな動きを養い、高度なステップワークも素早く繰り出せる体を作りましょう。

② 下半身の可動ポイントは限られている

よく「サッカーは難易度の高いスポーツ」と表現されます。これはサッカーというスポーツが、手に比べて自由に動かすことが難しい足だけを使ってプレーされるからです。 人間は日常の中で、手を巧みに使う能力は自然と養うことができますが、足の器用さは手と同じようには養えられません。そのため足を器用に動かすためには、ある程度のトレーニングが必要になってきます。 あなたは下半身の可動域について考えてみたことはありますか?人間の体のしくみを見つめ直すと、腰を含めた下半身の可動ポイントはとても限られていることがわかります。骨盤、股関節、ひざ、足首。足の指の関節を別にすれば、下半身の中で動かすことのできる部分はこの4ヵ所しかありません。足を巧みに動かす能力は、この4ヵ所の可動ポイントを自在に動かせる能力と同じです。 そこで、巧みな「ステップワーク」を習得するために、骨盤、股関節、ひざ、足首の4ヵ所を思いのままに動かせる技術を身につけましょう。さらに4ヵ所それぞれの可動域を拡げ、連動させて動かすことも大切です。 足使いの巧みさを上げ、複雑な「ステップワーク」を自在に繰り出せる下半身を作りましょう。